ありがとうアンニュアージュな仲間たち(ビューティービジネス1月号連載より)

 

ありがとうアンニュアージュな仲間たち


先週12月11日、2009年最後の「コーセー・アンニュアージュトーク」第199回が終わった。ゲストはサウンドクリエーターの浅倉大介さん、先頃真矢みきちゃんと結婚されたバレダンサーの西島千博さん、そして日本一多忙な政治学者、姜尚中先生。いつもは各界トップのツーショットトークだが、ファイナルカウントダウンスペシャルヴァージョン編、ということでお3人の登場となった。

来年2010年2月開催の200回で、アンニュアージュトークは最終回となる。

第1回は、20年前、1990年の9月だった。代官山の200人も入ると満員になるスペース“代官山ザ・ガレージ”でスタートした。第1回のゲストは、作家の北方謙三さんと、歌手の田原俊彦さん。このツーショットが決定した時、このトークショーの「ビッグツーショットが本音で迫る!」というコンセプトが決定した。それから20年、異業種、各界のトップの初顔合わせを実現してきたのは、まさに奇跡というほかない。コーセーさんの宣伝部とマーク・アイという出来立てほやほやの制作会社の、手作り感覚のアットホームな中でこそ実現した、しかし中身は壮大なトークライブである。

思えば、この第1回のキャスティングからして奇跡だ。当時田原さんは、ベストテン1位の常連、ドラマは{教師びんびん物語}に主演する視聴率男、所属のジャニーズ事務所は編集出来ない“生”のトークショーに田原さんをおいそれとは出さない。それを出ていただいたのはひとえにご本人の強い意志だ。

「ザ・ベストテン」という歌番組の構成作家だったまあくは、毎週ベストテン登場歌手とスタジオで会い、取材と称して、タレントさんたちとおしゃべりしていた。田原さんが北方さんの大ファン、と聞いたのもベストテンの楽屋だ。そんな情報が、その後も近藤真彦さんや、TOSHIさん(現−X・JAPAN)、甲斐よしひろさんたち、かつてトークショーに出演したことないビッグな方々の出演を可能にした。(それもユニークなお相手とご一緒に)

その後、会場は、原宿スピリホール(キャパ250人)、渋谷ビーム(キャパ350人)に移り、現在の会場でもある恵比寿ガーデンプレイス・ザ・ガーデンホール(キャパ800人)となった。コーセーさんのホームページのコンテンツともなり、毎回40万人以上の女性たちに閲覧していただいている。

出演者も、長島茂雄さんと芸術院会員の画家絹谷幸二先生、市川団十郎さんとカリスマ作家京極夏彦さん、新之助時代の市川海老蔵さんと宝塚トップスター愛華みれさん。他にも、小泉純一郎さん、グレイのTAKUROさん、篠山紀信さん、河村隆一さん、壇れいさん、と、次々と斬新な皆さんに登場していただいた。

中でもアンニュアージュトーク最高の恩人は、筑紫哲也さんと、格闘家の前田日明さんだ。

筑紫さんはこのトークライブの意義を、いつも皆さんに説いてくださった。「100の演説より、アーティストの歌や作品が、彼らの素直な言葉が、メッセージとしてストレートに届く」だからこのアンニュアージュトークの場はとても重要だ思う、ゲスト二人の“化学反応”はその後の広がりとなり、それに何と言っても、楽しい。板の上の人がこんなに楽しんでいるんだから、観客が楽しめないわけがない、と。ふらりと遊びに来てくれての飛び入り出演も含めると、多分15〜6回以上出ていただいただろう。瀬戸内寂聴先生や、姜先生を紹介していただいたのも筑紫さんだ。

そして前田さんだが、(現在でもそうだが)20年前現役選手時代の前田さんは、もうカリスマもカリスマで、芸能界・文壇、特に男子には、異常に前田ファンが多かった。他のトークショーには出ないけど、前田さんとならぜひアンニュアージュトークに出たい、と皆さんが言ってくださったのだ。奥田瑛二さん、吉川晃司さんもそうだった。美輪明宏さんも。でも前田さん側希望は女性が多く、その頃丁度噂になってた女優の石田えりさんとの登場時は、観客数に迫る200人ものマスコミが詰め掛けた。

筑紫さんも前田さんも、20年前アンニュアージュトーク誕生以前からの友人(というか、筑紫さんは“お父さん”だったが)だったから、まあくの構成作家という職業と、この二人の“親友”がいて、アンニュアージュの発展があった、と言っても過言ではないだろう。

もちろん、アンニュアージュでお知り合いになり、その後、素晴らしい方々を紹介していただいたり、多数回登場していただいた、北方さんや、美輪さん、吉川さん、西城秀樹さん、石井竜也さん、も忘れられない恩人だ。北方さんに紹介していただいた大浦みずきさんもそうだ。大浦さんもこの“場”をとても気に入ってくださって、多彩な皆さんとご登場していただいた。

天海祐希さん、真琴つばささん、姿月あさとさん、和央ようかさん、瀬奈じゅんさん他、大勢の宝塚トップスターの出演を可能にしたのは、最初に大浦さんに出ていただいたおかげ、だと思っている。大浦さんとは、アンニュアージュトーク以外にも、20本を超えるダンスと歌のショーを創った。本当に忘れられない、まあくの初めてのミューズだった。

 
コーセーアンニュアージュトーク、200回、のべ400人のゲストの皆様、改めて感謝します。皆さんのおかげで、まあくも成長することが出来ました。400人の皆様の、アンニュアージュトーク感動・仰天エピソードを、“まあくの仕事・友人”とともに、近いうちに一冊の本にまとめてみようと思っています。

読者の皆様も楽しみにしていてください。

ご支援いただいた大勢のファンの皆様にも、心よりありがとうございます。

そして何よりも、20年、長きに渡りスポンサードしていただいたコーセー様に、
文化教養に多大な理解をいただいた小林禮次郎社長(当時)、一緒に制作した堀ちゃん、橋田さん(当時)はじめ宣伝部の皆様に、心より感謝します。

2010年2月22日(月)第200回、これまで多数回出演していただいたゲスト15人が登場しての豪華なファイナル回です。皆さんのおいでをお待ちしています。

そしてまた「コーセーアンニュアージュトーク」がどう生まれ変わるか、ご期待下さいせ。

☆アンニュアージュトーク詳細はMARK&Iホームページにて


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

links

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 4月15日「陽だまりの樹」
    まめごろう (06/28)
  • 4月18日
    まめごろう (04/21)
  • 4月18日
    aki1028 (04/20)
  • 1月18日YEBISUふたり亭VOL.2ご報告と                                明日1月22日はアンニュアージュスクール第6回
    尾崎喜三子 (01/22)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    まあくまさこ (01/06)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    尾崎 (12/31)
  • パリっ子も「ノン!」と叫んだヴェルサイユと村上隆さんコラボ
    村石太マン (10/16)
  • 8月23日 恵比寿アンニュアージュスクールご報告
    さっちゃん。 (09/23)
  • 感動!日光「四代目徳次郎」の天然かき氷〜VOL2
    jinn (08/24)
  • 「やっぱりなぁ」と「それにしても」の7月11日参議院選挙〜7月13日
    (07/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM