まあくの長野便り 7月5日



5月はじめに長野に引っ越した次女に会う、という名目で、“月イチは長野でリフレッシュ生活”が始まった。


これまでは長女の南紀白浜だった。どちらも、いい空気に素晴らしい自然、そして乗馬と温泉、がついている。ホント、行き先親孝行な娘たちである。


5月23日に山ノ内町の御柱祭りにご招待されたのをきっかけに、初めて長野市の次女んちを尋ねてから、早や1ヶ月と数日。7月3日の先週末、二度目の次女宅を訪問。


今回のきっかけは、スキーの新作展示会を観に安曇野スイス村に行く、という次女の話しから。何とスイス村には、乗馬クラブがデーン!とある、ことをまあくはネットで見ていた!のだ。


でもって、スイス村で合流し、次女はスキー展示場へ、まあくは安曇野ホースランドへ。


此処は、新宿から出てる高速バスで、スイス村バス停下車徒歩1分。というので超便利、ってことも調べていた。


帰りは次女の車で長野まで戻り、東京へは勿論新幹線で。


でもって安曇野ホースランド。北アルプスの雄大な景色一望の広々乗馬クラブだ。


詳しくはまた「馬のお姫さま」で。





ぼくちゃんたちも出陣!




5月23日
山の内町御柱祭り(湯田中駅から車で10分くらいのところ)





御柱さまパレード


ミス志賀高原もご登場


ここんちの御柱は、怪我人もなく、みなさんご無事でした!




これまでスキー関係で何度も長野には来ているが、いつもスルーしていた長野市。これからはしっかり探索開始しようと、次の日は、かねてより一度は、と思っていた、かの善光寺さんへ。

牛にひかれて、ならぬ、次女にひかれて行ったその壮大な仏教建築は、京都で大きな神社仏閣を数多見てるまあくにしてもかなりの迫力もん。国宝に指定されてる本堂、その屋根は総檜皮(ひわだ)葺きで日本一の規模を誇る。宗派を超えて受け入れるその信仰の大らかさは好ましいが、垣間見たお坊さんの態度に“THE権威”って感じも。


どかーん!THE善光寺さん!!


 


此処で有名なのが「お戒壇めぐり」。よく言う鼻をつままれてても解らない暗さ、そんな真っ暗な回廊を壁をつたって歩き、極楽の錠前と言われる鍵を探り当てる。そこで、目の前にやっと明るい出口が現れる。これは神仏のご本尊と結縁する道場、であるらしい。次女は、目を開けていても閉じても同じと、その漆黒が怖いので、目を閉じていたが、それでも暗闇の恐怖に叫びそうになった、と。


確かにあの暗闇があと数分も続くと、まあくも耐えられるかどうか。以前長野で「ドラキュラ」の公演をしたズンキーが、此処に来て「何だか心の眼が開いた思い」と、まあくにオススメしてくれたが、まあく的には、心の眼が開くより暗闇恐怖感克服が精一杯。確かに“道場”である。


 

参道に沿ってのお土産屋さんオススメは、唐辛子の本家「八幡屋磯五郎」。唐辛子好きのまあくは、試しに七味ごまや、七味炒め油、七味オリーブオリーブ油漬け、などなど、買い込んだ。さっそく食べて感動したのが、胡麻にんにくふりかけ(七味関係ないやん!)。長女が、細ネギ(2〜3センチくらい)ときゅうり(たたいて2〜3センチくらい)に、胡麻油と少量の塩と、この胡麻にんにくをあえて、ラー油をおとして、の一品を作ってくれた。めちゃめちゃご飯にあう、チョー美味しいよん。次回はお土産で買ってってあげよう。


 

善光寺さん参道にあった、むじな地蔵パネル。
あまりのユニークなお顔とお連れの狸


こちらが本物のむじな地蔵さんと、お供の狸くん


もうひとつのオススメは、「〜磯五郎」の隣、大正ロマンただよう西洋建築の「冨士屋ホテル」。箱根冨士屋ホテルファンだったまあくは、同じ系列かと思ったが全然違う、とのこと。今は「THE HUJIYA GOHONJIN」という名で、レストラン、カフェ、ブライダル、などをやってる、とか。でもその由緒漂う建物に、今風のきちんとしたサービスも心地良く、ダイニングを見せてもらったら、これまたいい雰囲気。さっそくディナーを予約。


 


善光寺の前に、流行りのパワースポットと噂の戸隠神社にも行った。その境内側の、いつも行列有名蕎麦店「うずら屋」にも、ご利益あってか並ばずに入れ、さすがの評判の美味しさ、天ざるをいただく。


確かに山中にたたずむ戸隠神社は、樹齢何百年のご神木など、パワーっぽい。南紀白浜通いの頃に度々詣でた、熊野大社もそうだが、「“気”は“木”だ」ということを実感する。


道中、飯綱高原のドライブラインも気持ち良く、立ち寄った大座法師池も高原のオアシス。


運転する次女に「長野もいいなあ」を連発。


 

パワースポット 戸隠神社


樹齢ウン百年の御神木


いつも行列、の「うずら屋さん」
他のお蕎麦屋さんも、みな美味しそうだよ



一旦帰って着替えて(とは言ってもリゾート格好だが)冨士屋ホテルのディナーに。夜は、昼とはまた違った華やかなムードで出迎えてくれた。中庭に面したダイニングは、味もサービスも雰囲気もいいイタリアン。ワインもしっかり揃っていた。二人でワイン1本開けて、バーで一杯。


「何か白金にいるみたいだね」と、食事中、次女は懐かしそうにうちの近所のレストランの名前をあげた。


南紀白浜にもこんな場所があればもっと愉しめたのになあ、と。リゾート住まいや田舎住まいがいい、と言ってもやはり文化は大事、と結論。


 

ご機嫌で、「もう1件行こう」と、立ち寄ったのが、冨士屋ホテルから3〜4件先の「asian night market


アジアン雑貨とバー、奥にレストランもあるお店。カウンターに座って、マスターのつじさんから、これまた長野情報を聞く。隣に座ったお客さんのせいじさんも加わって、長野の夜は深夜までニギヤカでした、とさ。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

links

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 4月15日「陽だまりの樹」
    まめごろう (06/28)
  • 4月18日
    まめごろう (04/21)
  • 4月18日
    aki1028 (04/20)
  • 1月18日YEBISUふたり亭VOL.2ご報告と                                明日1月22日はアンニュアージュスクール第6回
    尾崎喜三子 (01/22)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    まあくまさこ (01/06)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    尾崎 (12/31)
  • パリっ子も「ノン!」と叫んだヴェルサイユと村上隆さんコラボ
    村石太マン (10/16)
  • 8月23日 恵比寿アンニュアージュスクールご報告
    さっちゃん。 (09/23)
  • 感動!日光「四代目徳次郎」の天然かき氷〜VOL2
    jinn (08/24)
  • 「やっぱりなぁ」と「それにしても」の7月11日参議院選挙〜7月13日
    (07/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM