近未来からシェークスピアまで〜「インセプション」 7月15日

 


先週の木曜日、久々の社内試写に行った。


“ディカプリオVS渡辺謙!お前の脳に潜入する!”と、話題の映画「インセプション」だ。監督・脚本があの「メメント」「ダークナイト」の鬼才クリストファー・ノーラン。「メメント」はホント画期的な映画だった。ビデオも借りて繰り返し4〜5回見て、時系列整理して、納得して、感心したの覚えている。主演のガイ・ピアーズ、ブレイク前だったけど、あれでめっちゃ好きになったもんね。


で、「インセプション」だけど、脳や夢に潜入、ってことで、マトリックス的だとは想像できる。そのハンパない映像には圧倒されるが、かつてない驚きとならないのは、やはりこの手の先駆者マトリックスを識っているから。


ともあれ、そのアイデアとスケールの大きさと緻密な計算で、非現実社会を説得力持たせてリアルに魅せてくれるのは、さすがのノーラン監督。


そしてキャストがいい。特に主演のレオさまがいい。「ブラッドダイヤモンド」の時、これでオスカー取らして上げても良い、って当時「まあくのカンゲキノート」に書いたけど、年齢重ねてレオさまは、益々演技に渋みと深みと塩味利いた甘さ、が、ぐーんと深まってきた感あり。


渡辺謙さんもハマってます。この二人をVSにしたのは、日本だけのプロモーション用かも、何てTVスポット見てたが、いえいえ、レオさまとがっぷりのVS出演でした。


レオチームのメンバーになる、ジョゼフ・ゴードンレヴィットとトム・ハーディーも、役柄がいいです。二人ともとてもチャーミング。2時間28分の上映時間ちっとも長く感じられないほどのややこしい展開(いい意味で)は、やはりそれも天才ノーラン監督もんでした。


公開は7月23日。ちなみにタイトルは、植えつける、って意味らしいです。


んなわけで、プログラムとともにいただいた“独楽”を、上映後、何度も回してるまあくでした。


 


で、続いての観劇、シェイクスピアものですが、また週明けに〜!


レオさまと渡辺さんの男の友情もありーの


さて、この独楽は?



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

links

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 4月15日「陽だまりの樹」
    まめごろう (06/28)
  • 4月18日
    まめごろう (04/21)
  • 4月18日
    aki1028 (04/20)
  • 1月18日YEBISUふたり亭VOL.2ご報告と                                明日1月22日はアンニュアージュスクール第6回
    尾崎喜三子 (01/22)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    まあくまさこ (01/06)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    尾崎 (12/31)
  • パリっ子も「ノン!」と叫んだヴェルサイユと村上隆さんコラボ
    村石太マン (10/16)
  • 8月23日 恵比寿アンニュアージュスクールご報告
    さっちゃん。 (09/23)
  • 感動!日光「四代目徳次郎」の天然かき氷〜VOL2
    jinn (08/24)
  • 「やっぱりなぁ」と「それにしても」の7月11日参議院選挙〜7月13日
    (07/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM