2月27日  ニュージーランド地震(2月22日)

 

22日の地震発生から早や5日間がたった。

今回の地震で被害に遭った日本人のほとんどが語学留学していた若い人たちだ。次女も夏スキーでしばらくニュージーランドに滞在していたから、どうにも他人事とは思えない。

特にご両親の心痛、察するに余りある。

ニュージーは人気の留学先だ。それ以上に人気の留学先がオーストラリアだ。どちらも大自然と、ワーホリ(ワーキングホリデー)で働きながら学べるビザが魅力となっている。次女もオーストラリアには語学留学で1年弱ホームステイしていたこともあった。

どの親も長期間海外へ子供を送り出すときは不安だ。それでも、娘の、息子の夢がその先にあるのなら、と、溢れる心配を押さえ込み、「行ってらっしゃい!」と笑顔で送り出す。ある意味親のほうが、より決断と勇気がいる。

 

いつもうちのイベントに見事な薔薇を提供してもらってるアサオカローズのアサオカご夫妻はまあくの友人だ。息子さんのトシくんは、中東のレバノン大学に留学している。日々紛争やテロのニュースが伝わってくる中東へ、あえて息子を送り出すその決断と勇気。

トシくんが、しっかりと街や生活の安全も確かめ、そこで学びたいと熱望したからだ。

現在はエジプトやリビアの影響で新たな心配もあるだろう。それでもトシくんの意思を応援する、そんなアサオカご夫妻をまあくは尊敬する。勿論トシくんのことも。

 

今回のこれほどの大きな地震は何千年もなかった、という見方もあるらしい。そんな稀有な時を壊れやすいビルで迎えるという不運を、ただ運命という言葉で納得出来るものではない。だから、もしかしたら、子供を送り出す決断をした自らを責める親御さんがいるかもしれないが、まあくは思う。お母さん、お父さん、あなたは間違っていない。

先月うちのスクールで、元国連事務次長の明石康さんが海外留学する若い人達が減少傾向にある、と、グローバル化に反比例するような日本の若者の現象を憂いていらっしゃった。今こそ日本はもっと外に目を向けなければならないのに。

この痛ましい災害で、また海外留学に歯止めがかからなければいいのだが。

 

日本の国際緊急援助隊も徹夜で不明者の救出作業にあたっている。どうぞ希望を捨てないで。今は、一人でも多くの皆さんが無事でありますようにと、心より祈り、奇跡の時を待ちたい。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

links

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 4月15日「陽だまりの樹」
    まめごろう (06/28)
  • 4月18日
    まめごろう (04/21)
  • 4月18日
    aki1028 (04/20)
  • 1月18日YEBISUふたり亭VOL.2ご報告と                                明日1月22日はアンニュアージュスクール第6回
    尾崎喜三子 (01/22)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    まあくまさこ (01/06)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    尾崎 (12/31)
  • パリっ子も「ノン!」と叫んだヴェルサイユと村上隆さんコラボ
    村石太マン (10/16)
  • 8月23日 恵比寿アンニュアージュスクールご報告
    さっちゃん。 (09/23)
  • 感動!日光「四代目徳次郎」の天然かき氷〜VOL2
    jinn (08/24)
  • 「やっぱりなぁ」と「それにしても」の7月11日参議院選挙〜7月13日
    (07/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM