4月11日

馬のお姫様


昨夜、やっと「戦火の馬」観た。随分前からスピルバーグ監督の感動戦争もの、

馬だし、って、凄い楽しみにしていた。

大きなスクリーンで見たいからって試写もパスして、公開初日に行くはずが、

随分と遅ればせになってたら、ちっとも話題にならなくて、もう終わってしまう勢い

みたいだから、慌てて大阪ステーションシネマでみた。


凄いな、馬。演技してる馬、ってはじめてみた。

うちら馬乗りは、大スクリーンで馬が駆歩(かけあし)しているのを見るだけで

わくわくする。

その上ジョーイ(馬の名前)は、嬉しさ、励まし、思いやり、哀しさ、

みーんな身体と表情で演じるのだから、感動でしょ。


何でも14頭の馬たちがジョーイ役をやったらしい。ジョーイは額に白い星型(流星)を

持ち、4本の脚に白い靴下はいてるみたく肢部に長白がある。

被毛は栗色でまえがみとたてがみと尾は黒という、鹿毛(かげ)の馬だ。

そんな特徴を、馬のメイキャップアーティストが馬に施しながら撮影したらしい。

ただいつも戦場で泥だらけになっているから、いつもは流星や肢部の長白は見えない。

本編でのクライマックスでも、泥を拭うことでこの特徴を、感動とともに披露している。


で、内容だが、何もかも奪い去る戦争の犠牲者は、人間だけじゃない。

スピルバーグは、戦争にこれっぽっちほどの正義もない、と、物言わぬ馬をとおして、

これでもかと悲惨で過酷で何ひとつの救いのない戦場と、ジョーイに関わる人たちを描く。

人間たちの犯す愚かな行為に翻弄されながらもけなげに人間に勤めるジョーイの姿に、

隣で観ていた長女が何度も何度も声を上げて泣いた。もちろんまあくも、ずうーと号泣。


後半、一人(一頭)追い詰められたジョーイが、まさに戦火の中を狂ったように疾走する

シーンでは、「もう嫌だ!戦争なんて嫌だ!」という、ジョーイの叫びが確かに

まあくには聞こえた。


最後に、奇跡の馬への畏怖の念にせよ、突然みんないい人になっちゃって、ちょい

唖然とするけど、「戦火の馬」まあく的には、馬が最高に最高に良くて、感動巨編でした。

それにしても、馬ってめっちゃ臆病で繊細、CGじゃなくよくあんなが撮れたなあ、

って、感心した。やっぱスピルバーグだわ。



そいでもって今日、馬に触れたい状態マックスで乗馬クラブへ。

障害ふた鞍乗ってきました、とさ。

やっぱ馬はいいなあ。



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

links

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 4月15日「陽だまりの樹」
    まめごろう (06/28)
  • 4月18日
    まめごろう (04/21)
  • 4月18日
    aki1028 (04/20)
  • 1月18日YEBISUふたり亭VOL.2ご報告と                                明日1月22日はアンニュアージュスクール第6回
    尾崎喜三子 (01/22)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    まあくまさこ (01/06)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    尾崎 (12/31)
  • パリっ子も「ノン!」と叫んだヴェルサイユと村上隆さんコラボ
    村石太マン (10/16)
  • 8月23日 恵比寿アンニュアージュスクールご報告
    さっちゃん。 (09/23)
  • 感動!日光「四代目徳次郎」の天然かき氷〜VOL2
    jinn (08/24)
  • 「やっぱりなぁ」と「それにしても」の7月11日参議院選挙〜7月13日
    (07/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM