2016年7月30日(土) 第49回YEBISU亭ご報告

暑いよう、暑いよう、の中、超満員御礼ありがとうございました。

痛いよう、痛いよう、のまあくでしたが、無事盛況に開催出来ました。

これひとえにご出演いただいた、柳家三三さん、三遊亭王楽さん、

ゲストの風間杜夫さんのおかげ。と、優しくごらんいただいた観客の皆様のおかげ。

スタッフのみんなのおかげ。謝謝。

 

それは本番の2週間前、大阪の乗馬クラブ主催サマーカップに向けて

障害飛越競技の練習最中でした。

あろうことかバー飛び越えての、着地に失敗。馬の前に大きく放り出され、頭から落ちた。

ワンバウンドして、後頭部しこたまうちつけ、仰向けになったら、目の前を馬の腹が通っていった。

飲み屋ののれん分けるように馬の脚をくぐり、コースから這い出し、そのまま動けぬ故タンカ登場。

「やだ!やだ!タンカなんていらない、救急車呼ぶな!かっこ悪いよう!」

と身動き出来ないのに、口だけは達者なまあくでした。

鎖骨粉砕骨折、肋骨2本折った。

肋骨は固めてひたすら痛みに耐えるだけ、鎖骨は全身麻酔で手術、って、マジ!ですか。

無事手術が終わり1週間入院。入院中に構成案書いて皆さんに送ったり、

次回のチラシデザインチェックなど。片手パソコン大活躍。

退院後、そのまま新幹線乗って東京戻り、翌日のYEBISU亭本番に備える。

諸々準備するのが痛い!ので、全てスタッフに頼み、最小限の準備。

取り急ぎ、予約してた代官山のヘアサロンへ行く。

 

ガーデンプレイス夏の夜の恒例
野外映画会(8月5日〜21日まで)
昼間はオープンにヨガや遊びスペース。三越で長蛇の列作ったあの日光かき氷屋台も出てるぞ。

 

そんなこんなで迎えた本番でした。さて、オープニングは?

三三さんと王楽さん、何気に登場。

最早8月、お盆の時節。

お盆と言えば、もし亡くなった名人上手を迎えることが出来たら

誰を迎えてその高座聞きたい?昭和の爆笑王初代林家三平師匠の噺を聴きたい!

と相成って、登場しました。林家三平師匠。ジャーン!

マジ、本当に、そこに、あの「よしこさん〜」の懐かしい三平さんが登場し、

高座にあがった。もじゃもじゃ頭、黒紋付に袴姿で、次々とバカバカしいネタで爆笑をとる。

感動爆発満場の大歓声大拍手。

そして、高座から降りた風間三平さんのご挨拶。

実は7年前、風間さんは明治座の舞台で「三平物語」を演じた。

そのときも林家三平が降りてきた!と評判になった。

それから7年。その役は舞台でしか出来ない、と、風間三平を封印してきたが、

7年ぶりにここYEBISU亭での披露となった。サイコーだね、風間さん。

カツラも当時明治座で使用したカツラを準備させてもらった。

カツラも7年ぶりに喜んでたんじゃないかな(笑)

 

風間三平さん、いや、もう三平さんご本人

 

カツラは明治座で使用した本物、これで三平さんが降りてくる!

 

 

そんな贅沢なオープニングに続いては

王楽さんの落語、「読書の時間」

父親が「竜馬がゆく」の本を探している。

その日、息子の高校では「読書の時間」があり、

ひょっとしたらその「竜馬がゆく」を持って行ったのではないかと妻。

すると父親は焦りだし、実は表紙のカバーは「竜馬がゆく」だが、

中身はポルノ小説だったことを白状する。

さあ、息子の学校での「読書の時間」はどーなるか?!

桂文枝さんの創作落語。王楽さん、文枝師匠直伝の技で笑わせてくれました。

 

続いては、風間さんの落語「湯屋番」

吉原通いに夢中になった挙句に勘当され、

大工・熊五郎宅の二階に居候中の若旦那が日本橋の銭湯に奉公に行く。

若旦那、あることないこと妄想の果て、疲れる仕事は即却下。

番台をやりたいと強引に拝み倒し、主人が昼飯に行く間の代役として若旦那、待望の番台へ。

という、有名なこっけい噺だが、さすが風間若旦那、

もうお得意の幼児退行演技爆発の爆笑もんでした。

 

続いては、まあく司会のトークタイム「今夜踊ろう」

のっけから、三三さんに、まあくの鎖骨たすきベルトと肋骨固定ベルトと三角巾姿指摘され、

落馬での顛末話したら、お客さんがどよめいてた。

「まあくさん可哀想!」か「いい歳してバカだなあ!」か、どちらのリアクションでしょうか?

 

そして、まじめな話し、普通落語のお稽古は師匠がつけてくれると思い込んでいたが、

王楽さんは故円楽さんにめったに教わらなかった、と。

三三さんも小三治さんに教えてもらう機会はない、とか。

噺により誰それに、というように、仲間同士で教え合いする、とか。

ちなみに三三さんと王楽さんは、教え合ってる仲だそう。

風間さんは、独学。もっぱらテープで名人の落語を聴き、風間流に仕上げるとか。

その風間さん、風邪気味で、舞台に出るなりトローチ口から吹き出す(爆笑)

ハプニングもありーので、相変わらずの「今夜〜」でした。

 

 

トークタイム「今夜踊ろう」

 

風間さん、三平さんとは一転、ハンサム落語

 

 

ここで15分休憩

 

いよいよとりは、柳家三三さんで「お血脈」(おけちみゃく)

まさに、三三さんのインテリジェンスと

そこはかとないポイズンでテンポよく笑わせる、見事な演目。

噺の舞台となる信濃国の善光寺の縁起(=由来)仏教の伝来など、

これはもうハンパな知識付け焼き場じゃない。

風間さんも楽屋で感心してたもんね。あまねく森羅万象に造詣の深さ。

善光寺が巡礼者で大きく賑わう様も、

アンドロマック的に舞台にめらめら立ち上り、三三さん白眉の一席でした。

やっぱ名人だなあ・・・。

 

 

落語界イケメングランプリに輝いた二人と、

元祖イケメン俳優モリオ・イグレシアス。さわやか3ショット!

 

まあくの満身創痍、なんでこんなに喜ぶんだよ!特に三三さん!

 

お客様の中から半券抽選で3名様にサイン色紙プレゼント!

 

主催者の皆様も、お疲れさま!

 

本日のネタ帳、王楽くんが書いてくれました。

 

お疲れさま!さあ飲みましょー!骨折?!ぜーんぜん大丈夫だよん!

 

 

おいでいただいた皆様ありがとうございました。お見苦しい姿ですみませんでした。

また次回おまちしています。

 

次回〜第50回記念回  *詳細マーク・アイHP

11月23日(水・祝)16:00開演

出演は、柳家喬太郎さん、三遊亭兼好さん。

ゲストに、みうらじゅんさんをお迎えし、またまたYEBISU亭記念回ならでは、の

爆笑感動充実の150分でおおくりします。

 

 

半ドラエモン、雪豹のユキオは自室でお留守番

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

links

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 4月15日「陽だまりの樹」
    まめごろう (06/28)
  • 4月18日
    まめごろう (04/21)
  • 4月18日
    aki1028 (04/20)
  • 1月18日YEBISUふたり亭VOL.2ご報告と                                明日1月22日はアンニュアージュスクール第6回
    尾崎喜三子 (01/22)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    まあくまさこ (01/06)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    尾崎 (12/31)
  • パリっ子も「ノン!」と叫んだヴェルサイユと村上隆さんコラボ
    村石太マン (10/16)
  • 8月23日 恵比寿アンニュアージュスクールご報告
    さっちゃん。 (09/23)
  • 感動!日光「四代目徳次郎」の天然かき氷〜VOL2
    jinn (08/24)
  • 「やっぱりなぁ」と「それにしても」の7月11日参議院選挙〜7月13日
    (07/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM