第55回YEBISU亭ご報告

第55回YEBISU亭。皆様のおかげを持ちまして3月17日

無事盛況に開催することが出来ました。ありがとうございました。

 

ご出演は、立川志らくさん、久々の上方落語界から桂吉坊さん。

ゲストは、あの関根勤さん、って、

何て芸達者な充実出演メンバーなんでしょ。さーすがYEBISU亭、

って、自画自賛してないで、まずは、オープニングから。

 

会場BGMがワイドショー風の、ノーてんき音楽になると

志らくさん、吉坊さん(スーツ姿でキメてる)登場。

吉坊さん、MC台を前に「土曜の昼下がりはYEBISUワイドショー、

司会の吉坊とコメンテーターの志らくさん」と紹介。

続いて「今日のゲストは、昭和の噺家名人上手を今に伝える超人が登場」

と、ゲストを呼び込む。

凛々しい着物姿で登場した関根さん、次から次と

名人(志ん朝さん、円菊さん、柳昇さん、米朝さん)になりきり,

志らくさんと今話題のネタでトーク。最後は“志らくさんの談志さん”

(ややこしい!)まで登場し、“名人豪華そろい踏み”のオープニング。

マジ笑いました。

 

オープニングのお三人。

関根さんのお着物姿は珍しいかも。

 

新入社員風の吉坊さん。

志らくさん、この日は3着のお着替え。

 

オープニングに続いては

落語、桂吉坊さん「蔵丁稚」

仕事をさぼって歌舞伎ばかり観てる芝居ファンの丁稚に、

業を煮やした店主。懲らしめに丁稚を蔵に閉じ込めるが、

またそこで性懲りなく忠臣蔵の四段目「判官切腹の場」を真似して遊ぶ丁稚。

その“切腹シーン”に驚いた店主は…!という滑稽噺。丁稚が真似る

歌舞伎シーンのその見事なこと。さすが上方一の若手実力派。

その詳らかな口跡の良さ、たちまちにして高座に判官切腹の場が立ち現れる。

ちなみに江戸落語でのタイトルは「四段目」

 

そして関根勤さん「物まねコーナー」

懐かしいTVドラマの主題歌「非情のライセンス」とともに、

千葉真一さんのアクションで現れた関根さん。千葉さんのイケメン

ご子息とのエピソードから、輪島さん始めおなじみの顔ぶれ。

果ては本日初出しと言う、ライト兄弟まで。まあまあ、よくも多彩な

フェイクの世界は、本物の本物芸。さすが関根さん、

生で見るといっそう凄い!とは、観客の皆さんの感想でした。

いや、こちらもマジ笑った。

 

そして、まあく司会のトークタイム「今夜踊ろう」

志らくさんと関根さんと言えば共通項は大の大の映画好き。

映画評論家の肩書きも持つ志らくさんと、本人曰く

「好きの志向が偏り過ぎ」の関根さん。お互いのベストワン

(「ゴッドファーザー」「燃えよドラゴン」)への思い入れはハンパない。

古典志向の吉坊さんは歌舞伎に浄瑠璃。浄瑠璃は「赤ずきんちゃん」などの

脚本も書いてる、って凄い。「映画は“ジブリ”くらい」って、

吉坊さんから取材の時聞いたから、

そのまままあくが言ったら大爆笑!なんで?に、しても、

チャップリンやマルクスブラザースのことを

生き生きと目を輝かせて嬉しそうに話す志らくさんと

関根さんの姿はちょっと感動的。吉坊さんからは時代劇の話しから

江戸時代の名所番付という貴重品をお持ちいただいた。

その番付を吉坊さんが見せる時、お隣の関根さんが何気に

手を添えて下さっていた。まあくは見てましたよん。

本当にいい人だなあ、関根さん。

 

くまさんみたいな顔になってる忙し過ぎ志らくさん

 

大先輩に囲まれて緊張!で、ほっと一息、吉坊さん。

 

「今夜〜」のシメは、恒例の色紙プレゼント。

それぞれ三名様に半券をひいていただきました。

当った方、おめでとうございます!ハズレた方、

また次回「今夜踊ろう」で、当ててくださいね。

 

 

そして15分の休憩あって

とりは勿論立川志らくさん「反対俥」

これまたご存知おなじみ滑稽噺。これをとりに選んだのは、

本来ならここでたっぷり人情噺、に、皆さんも期待するかも、だけど。

 

「今夜〜」でも最初にその話しが出たが。

実はYEBISU亭の記念すべき第1回の出演が、談志さん、志らくさん、

ゲストが染五郎さん(当時)だった。当日いつものように

根津に談志さんを迎えにいったところ、タクシーの中で

談志さんが「今日は染五郎と話しをすりゃいいんだな」

談志さん、当時まあくが同じ会場でやってた

「コーセー・アンニュアージュトーク」と勘違いしていたのだった。

そのトークショーには談志さんに何回も出てもらっていた。

勿論マネージャーさんにはきちんと新しい落語会の第一回。

とりを談志さんに、と、お話はしていたのだ。でも思い込んだ談志さんは

「今日は落語はやんないからね」である。いくらまあくが必死に

説明しようが裏声張り上げて頼もうが、「だって落語する気になってない」

談志さんである。でも長いおつきあいの強み、

何とかなるだろう(して下さるだろう)、と

タクシーん中で談志さんの“独演会”をふてくされた顔で聞いていた。

 

そして、ホールの楽屋に入って・・・。結果

「俺が最初に噺をする。とりは志らくだ」がーん!驚いたのは志らくさんだ。

そんな19年前の“時効になった”思い出話を楽屋でしていて、

志らくさんが「そんとき俺は『子ほめ』をやった。あの時に、

とりだからって人情噺したら、粋じゃない。談志の落語、

談志と染五郎との対談。そういう後だから滑稽噺を持ってくるのが正解。

凄いウケた。よく覚えてるよ」にしても、

あの時ほどアセったことはない、と。

 

で「反対俥」。車屋が、RGさんばりに、違う歌詞で歌をうたう

(「北の宿から」の曲で童謡の歌詞、みたいな)志らく版反対俥。

歌の上手さも加わって、もう爆笑に次ぐ爆笑。

こちらは平成の名人上手、さすがの一席でした。

 

そー言えばあの時談志さんは、「粗忽長屋」だった。

 

今回も充実豪華面白過ぎる第55回EBISU亭

150分(休憩15分)ドリンク付き、色紙抽選プレゼントもありで、

前売り¥3500なんて、恵比寿ガーデンプレイス太っ腹!

また行こう!いや、またおいでくださいね。

 

皆さんお疲れさまでした!

 

お疲れさま!乾杯!!

 

 

まあくさんそんなピンクのベストどこで買うんですか?って、

代官山ですけど、何か?

 

ネタ帳、今回は吉坊さんに書いていただきました。

 

次回第56回は・・・!

柳家喬太郎さん、三遊亭白鳥さん。

ゲストに、あの「パタリロ」作者魔夜峰央さんをお迎えし、

耽美的贅沢版でお送りします。

6月3日(日)15;00開演

詳細はマークアイHPでごらんください。お楽しみにね!


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

links

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 4月15日「陽だまりの樹」
    まめごろう (06/28)
  • 4月18日
    まめごろう (04/21)
  • 4月18日
    aki1028 (04/20)
  • 1月18日YEBISUふたり亭VOL.2ご報告と                                明日1月22日はアンニュアージュスクール第6回
    尾崎喜三子 (01/22)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    まあくまさこ (01/06)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    尾崎 (12/31)
  • パリっ子も「ノン!」と叫んだヴェルサイユと村上隆さんコラボ
    村石太マン (10/16)
  • 8月23日 恵比寿アンニュアージュスクールご報告
    さっちゃん。 (09/23)
  • 感動!日光「四代目徳次郎」の天然かき氷〜VOL2
    jinn (08/24)
  • 「やっぱりなぁ」と「それにしても」の7月11日参議院選挙〜7月13日
    (07/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM