第61回YEBISU亭ご報告

第61回YEBISU亭。皆様のおかげを持ちまして

9月18日、無事盛況に開催することが出来ました。

ありがとうございました。

ご出演は三遊亭白鳥さん、春風亭一之輔さん。

ゲストは、江戸手妻(手品)の若き継承者藤山大樹さんです。

 

いざ、オープニング

 

 

オープニングは、藤山さんの手妻からスタート。

赤い布から手を出すと、そこに灯りが!それが空に消えると、

布が上手下手に引きこまれて行く。

会場から「うわー!」の歓声(今日も優しいお客様だ!)

その布をひらひらさせながら、上手より一之輔さん、

下手より白鳥さん登場!

会場から大きな拍手。

お二人、手妻師の助手さながらに、白い紙を切ってゆく。

その紙をお椀に入れて混ぜる藤山さん、

なんと紙がうどんになっちゃった!

一口食べてニッコリの藤山さん。まじかに見て、

本当に驚く白鳥さんと一之輔さん。

そんな面白不思議のオープニングに会場は拍手喝采。

のっけから「キター!」の盛り上がりでした。

 

 

オープニングに続いては

白鳥さん 落語 「ハイパー初天神」

皆さんご存知のあの有名古典滑稽噺「初天神」が、

白鳥さんにかかると、こうなっちゃう!

初天神にお参りに行く親父にこどもが無理やり付いて行き、

あれ買えこれ買えに手を焼く、という基本は同じだが、まさに換骨奪胎。

親父と彼女とのやり取りを、妄想で微に入り細に入り伝えるこどもの達者さ!

こどもがねだるときに、“憑依する”という、

白鳥さんお得意の展開まで入って、

もう会場は爆笑に次ぐ爆笑。

革新派白鳥さん的世界此処に極めり!の一席でした。

 

 

続いては、藤山大樹さんの「江戸手妻」

ラスベガスのTVショーで喝采された、「七変化」や、扇の手品などなど。

日本古来の手妻をオリジナルに進化させた、

不思議華麗な見事なステージに、ほとんどの手妻を

初めて観るというお客様から、此処でも驚嘆のため息と拍手喝采が続いた。

まあくもラスベガスの映像みて驚いた「七変化」。

 

実は10年程前、四川省の成都。

ランタン揺らめく幻想的な公園の中に建つ

由緒ありそうな小さな劇場で、「変面」というのを初めて観た。

お面を、瞬時に次々に息つく間もなく変えて行く、という、

成都発祥の伝統的な奇術であった。

もうその時の興奮、感動ったら。

今では横浜の中華街でも観られるのだが、その技量は千差万別に違いない。

その「変面」が藤山さんの「七変化」では“立体”になっているのだ!

に、しても、お客様のリアクション見てて、

ああ、藤山さんをYEBISU亭で紹介できて本当に良かった、と、

思ったものだった。

 

続いては、

まあく司会のトークコーナー「今夜踊ろう」

藤山さんの江戸時代より続く「手妻」の師弟関係

(師匠藤山新太郎さんは、寄席にも出演なさっている)から、

白鳥さん、一之輔さんの師匠との関係、修行の内容、

海外での活動など、興味深いお話へ。

に、しても白鳥さんが、師匠の円丈さんから付けられそうになった名前

「三遊亭なまはげ」を速攻断った、って話に、思わず一之輔さん

「大体なまはげって、新潟じゃなくて秋田だろう!」

白鳥さんが新潟出身なのは有名な話。

それぐらいテキトーな師匠でした、とさ(笑)

まあく的には、一之輔さん師匠の一朝さんのことも、

同じ日大の先輩後輩の白鳥さん(絵本研究会・空手部)

一之輔さん(落研〜先輩はあの方々が)の話も聞きたかったけど、

残念お時間でした。

そしてシメの恒例3名様に色紙プレゼント抽選もありーの、で、

いつもながらの盛り上がった「今夜踊ろう」でした。

 

プレゼントのサイン色紙

白鳥さんのヒヨコ可愛い!一之輔さん、自画像??

 

* アンケートに「まあくさんに、もっと自由に司会させてあげてほしい」

と書いてくださった方、ありがとうございます。

結構自由にさせてもらってますが、最近日和っちゃったのかな?(笑)

もち、他にも参考になる感想いっぱい、皆さんありがとうござます。 

 

 

そして15分の休憩のあとは、いよいよとりの落語

一之輔さん「鼠穴」    

江戸の町は火事が多かった。だから落語にも火事はよく登場する。

大体主人公は家財産失うがその喪失からどう立ち直るか、という、

人情噺が多い。この噺も兄弟の心情溢れる物語だ。

これまでの爆笑の雰囲気残した会場に、低い声でスーと、語り出す。

マクラなし。まさに一之輔さんの矜持だろう。

弟想いの兄から一転、火事で一切無くした弟の窮状を鼻にもかけない

冷たい兄に失望する弟。

その上健気な娘が吉原に身を売ってまでのお金をすられてしまう。

そんな様々な絶望のシーンに“庶民の江戸”が立ち上ってくる。

 

結局夢おちの話しなのだが「ああ、夢でよかった」と、談志さんが、

噺終わってそう呟いた、その気持ちがわかった、圧巻の一席でした。

 

今回も充実豪華面白過ぎるYEBISU亭。ドリンク付き、プレゼントもありで

前売り¥3500!なんて比寿ガーデンプレイス太っ腹!

60回超えてもなをいよいよ引き続き宜しくおねがいします。

 

 

 

お疲れ様でした!

 

今回も満員御礼!皆さんありがとうございます。

 

ネタ帳。一之輔さん、お見事達筆!ありがとうございます。

 

終演後、ロビーに張り出しています。こちらも一之輔さんに書いていただきました。

 

 

次回、第62回は・・・!

2020年1月23日(木)19:00開演

三遊亭兼好さん。古今亭菊之丞さん。

ゲストに、元宝塚歌劇団宙組トップスターでヴォーカリストの

姿月あさとさん、をお迎えしてまたまたゴージャス爆笑のひとときをお届けします。

 

YEBISU亭はYEBISU亭だけ。

詳細は、マークアイHPにてごらんください。みなさまお待ちしています。


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2019/10/12 12:41 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

links

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 4月15日「陽だまりの樹」
    まめごろう (06/28)
  • 4月18日
    まめごろう (04/21)
  • 4月18日
    aki1028 (04/20)
  • 1月18日YEBISUふたり亭VOL.2ご報告と                                明日1月22日はアンニュアージュスクール第6回
    尾崎喜三子 (01/22)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    まあくまさこ (01/06)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    尾崎 (12/31)
  • パリっ子も「ノン!」と叫んだヴェルサイユと村上隆さんコラボ
    村石太マン (10/16)
  • 8月23日 恵比寿アンニュアージュスクールご報告
    さっちゃん。 (09/23)
  • 感動!日光「四代目徳次郎」の天然かき氷〜VOL2
    jinn (08/24)
  • 「やっぱりなぁ」と「それにしても」の7月11日参議院選挙〜7月13日
    (07/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM