第62回YEBISU亭ご報告

皆様のおかげを持ちまして新しい年、

初めてとなる第62回YEBISU亭を、2020年月1月23日、

無事盛況に開催することが出来ました。ありがとうございました。

 

ご出演は古今亭菊之丞さん、三遊亭兼好さん。

ゲストは、元宝塚宙組トップスターの姿月あさとさん。

宝塚トップスターの中でも飛び抜けて歌上手と定評ある

姿月さんと、歌落語界きっての歌上手菊之丞さんが揃ったら、

これはもう、みなさまへのお年玉、お二人に歌っていただく、しかないでしょ。

というわけで、オープニングは、

菊之丞さんが懐メロの中でもとにかく古い歌が好き、

ということで「昭和歌謡ショー」に決定!

「絶対歌えない、歌わない」という兼好さんが司会役に。

照明落ちてピンスポットの中に兼好さん、

名調子の司会ぶりで1曲めの「港町13番地」を紹介すると、

なんとボーダー柄にキャップのセーラースタイルの菊之丞さん、

見事な歌いっぷり!上手い!

次は姿月さんのリズム良い「東京ブギウギ」

なんで姿月さんこんな古い歌知ってるの?

次は菊之丞さん、早替え着流しスタイルで「すきま風」。

これまたシブくキメて観客の皆さんも聴き惚れる。

続いてカラフルジャケットの姿月さんが

昭和の青春「太陽がくれた季節」を歌い上げる。

ここで兼好さんが司会の中で

「昴」の出だしちょいとだけの歌って止めたのは、ズルい、

続き聴きたくなるほど上手いんだもの。

最後は、姿月さんが黒いパンツ黒いジャケットに

ボルサリーノでキメて登場、栗色おさげにピンクのショールの

可愛い菊之丞さんをエスコートすると、デュエット『銀座の恋の物語』

このカッコいい姿月さんには、会場からは歓声と感嘆のため息。

もちろん菊之丞さんにも別物の歓声が上がりました。

 

オープニンング リハ

 

いざ、オープニング。

菊之丞さんボーダー似合いすぎ!

兼好さん、マジで洋服持ってない。

靴だけ準備できなくて下駄です。

 

ズンキー のジャケット、可愛い。

後ろにかけてあるのが、菊之丞さんの銀恋衣装

 

オープニングに続いては

三遊亭兼好さん 落語 「片棒」

ケチで有名な大店の旦那ケチべえ。自分の資産を継ぐ者を決めるため、

もし自分(ケチべえ)の葬式を出すとしたらどんな葬式にするかを、

三人の息子に尋ねる。その答えのあまりの馬鹿馬鹿しさ、おまけに

一見しっかり者の末っ子三男はケチべえに輪をかけたどケチだった。

こーゆーのはもう兼好さんの真骨頂だ。会場は爆笑に次ぐ爆笑。

古典の滑稽噺しかやらない兼好さんの面白さはハンパなく弾けて、見事な着地。

ほんと笑った。

末っ子の3番めが賢いのは「リア王」とか「三匹の子豚」とかもそーだけど、

こちらは、しっかりしすぎてまが抜けてるパターンでした。

 

 

そして、まあく司会のトークタイム「今夜踊ろう」

 

落語界と宝塚は共通しているかも。噺家も師匠につく。

宝塚も歌劇団という師匠につき、先輩に厳しく教えられ、

毎日お掃除したり、挨拶とか、マナーを学んでいく。確かに!

兼好さんは1月11日に50歳のお誕生日を迎えました。50歳になっての心境は

「人生半分終わってUターンする感じ、身体に気をつけないと」だって。

去年1年を振り返るために自分的去年の漢字は?の突然の難しい質問に

菊之丞さん「走」(大河ドラマ「いだてん」監修)

兼好さん「離」(娘が独立して家を離れた〜パパだなあ)

姿月さん「鼻」(ダスト症でずーと鼻がグズグズしてた)

最後に2020年、今年中に皆さんがぜひやりたいこと、を

フリップに書いて紹介していただきました。

菊之丞さん「朝ドラに出演したい」

兼好さん「怪談噺をやってみたい」

姿月さん「お部屋をお掃除したい」

それぞれのご説明に、納得!

 

そして恒例3名様色紙プレゼント抽選!(新春特別プレゼント!

マークアイからマークアイ制作まあく構成演出の姿月さんDVD「リ・ファインII」も)

 

休憩15分はさんで、とりの落語は〜

古今亭菊之丞さん「芝浜」

これは、アンケートに書かれていたお客様のコメントを、

そのまま引用させていただきます。

なぜ年が明けてから?と思いましたが、

この日は、偶々?噺家がふたりとも古典しかやらない人だった。

しかし、だからということではなく、オーソドックスなもののよさ、

姿月さんも昭和歌謡でそれをみせてくれた訳だし、

ここはそれをきちんと見せるのが俺の役目だと思ったのでしょう。
実にキレイな江戸前の言葉だったし、テンポも淀みなかった。

とてもいい「芝浜」でした。
私も、歌舞伎座の談春の芝浜とか、何回か聞いてきたけれど、

本当に読後感がいい、というか
さわやかな芝浜を聞かせていただき、ありがとうござました。

 

エンディング リハ

 

エンディング 本番

エンディングは歌いながら客席に降りてきた

姿月さん菊之丞さん兼好さんに、観客の皆さんの惜しみない拍手が!

 

 

今回も充実豪華面白過ぎる2020年初のYEBISU亭。

ドリンク付き、ご出演者3人の連名色紙抽選プレゼントもありで、

前売り¥3500なんて比寿ガーデンプレイス太っ腹!

今年も引き続き宜しくおねがいします。

 

この張り出しのイラスト、いつものように兼好さん作です。

 

皆さん、お疲れ様でした。

 

 

次回、第63回は・・・!

2020年4月18日(土)18;00開演

柳家喬太郎さん、桂吉坊さん。

ゲストは、人間国宝に名前の上がる能楽界の革命児、

辰巳満次郎さんをお迎えし、豪華絢爛深淵にお届けします。

詳細はマークアイHPにてごらんください。お楽しみにね!


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

links

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 4月15日「陽だまりの樹」
    まめごろう (06/28)
  • 4月18日
    まめごろう (04/21)
  • 4月18日
    aki1028 (04/20)
  • 1月18日YEBISUふたり亭VOL.2ご報告と                                明日1月22日はアンニュアージュスクール第6回
    尾崎喜三子 (01/22)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    まあくまさこ (01/06)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    尾崎 (12/31)
  • パリっ子も「ノン!」と叫んだヴェルサイユと村上隆さんコラボ
    村石太マン (10/16)
  • 8月23日 恵比寿アンニュアージュスクールご報告
    さっちゃん。 (09/23)
  • 感動!日光「四代目徳次郎」の天然かき氷〜VOL2
    jinn (08/24)
  • 「やっぱりなぁ」と「それにしても」の7月11日参議院選挙〜7月13日
    (07/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM