まあくのカンゲキノートVOL.22(雑誌「舞Land」より)

「モンスターマザー」

このブランド誌にも対談で取り上げていただいたタンゴのショー、「TANGOMODERNA〜Vol.察廚無事終了した。これまでのVOL困泙任鳩萃蠹に違ったのは、1部をお芝居にしたことだ。タンゴクァルテートとVSとなるメインが、今回はスタジオライフという人気劇団の役者さんだったので、ピアソラのタンゴ(不安と焦燥と希望)にあうストーリー性を、演奏と歌と踊りの中に入れた。

今「モンスターペアレンツ」という言葉がある。学校に筋違いなクレームを強引につけたり、家族で海外旅行には行っても、学校の給食費は払わない、というとんでもない恥知らずの怪物的父親母親のことだ。

そういう言葉が前提にあって、このお芝居には一人の「モンスターマザー」を設定した。高卒で東北の田舎育ちの彼女が都会のエリート男性(大学教授)と知り合い、結婚するが、夫はどんどん出世し有名になる。何も学ばない彼女は、夫に対しても世間に対しても大いなるコンプレックスしか持てない。そこで彼女は「00夫人」の座を死守することに全身全霊全力をかける。そして子供の自立に恐怖する。自立されたら子供まで自分を見放してしまうだろう、からだ。そこで二人の娘と息子には父親の名声利用して肩書き(イラストレーターとファッションデザイナー)だけ与え、実質はニート、何の仕事も社会性もない大人に育てる。

小学校のときから、年に3回、彼らは父親の休暇に合わせて母親の指令のもと2週間の海外旅行に行く。仕事など持たないから30歳をとうに過ぎても娘と息子はひたすら、その旅行を両親とともに追行する。普段の休みも母親とともに父親から離れない、「パパをママから離さないこと」が彼らの“仕事”なのだから。

一方で、彼女は夫を脅迫し続ける。「離婚したら大学やマスコミに愛人関係を暴露し、自分は自殺する」と。夫は子供には負い目を感じているから、子供にはすこぶる優しく、仕事以外は何事も優柔不断で面倒臭がりやでもある。すでに有名人の役得も知り尽くしているから、何が何でも離婚しよう、という面倒臭いことはもう絶対しないだろう。

というわけで、最期は過労で夫は入院する。30歳過ぎたニート息子が嬉しそうに姉に言う「これでママも安心だね」

実はこれ、実際のエピソードもあり、の話なのだ。ちなみに、以前のカンゲキノートで、30歳過ぎて「ママ、ママ」連呼してる、あるバカ息子の話しを書いている。37歳で「車でママの送り迎え」しかやることのない娘の話しも友人に聞いた。この人たちの父親を知り、母親を想像して、モンスターマザーが誕生したのだ。

最近の「オノで父親を殺そう」という少年少女の猟奇事件が続いたことも、このストーリーを作るヒントになった。一番の犠牲者は夫ではなく、二人の娘と息子だろう。一番身近なモンスターが、子供たちにオノという残酷な凶器を選ばせているのかもしれない。

ともあれ舞台は、息子役の綺麗な少年ビジュアル系の山本芳樹くんが、タンゴの名曲にあわせ、行き場のない少年の繊細な心を素晴らしい哀切のダンスで魅せてくれ、続く石飛幸冶くんが、モンスターマザーの象徴として、迫力の歌と女装で「ジョソイマリア」を熱唱した。

そして、1部最後は、それでも希望へと繋がるようにと、圧倒的な歌唱力と透明感でもって、姿月あさとさんが「スワロウズ」を歌ってくれた。この姿月さんの歌唱はそれまでのストーリーもあいまって、まさに、圧巻、だった。

2部はひたすら楽しく、アルゼンチンのタンゴダンサー、ファン・ギダペアが加わっての歌とダンス。それに何と曽世海司くんの“お家芸”落語の「たち切り」現代版に「夕暮れのタンゴ」演奏のコラボ、というまさにかつてない試みも好評だった。

これ、DVD発売も決定したので、ご覧になれなかった読者の皆さんも、ぜひ観てみてください。


先日NHKの「英語で喋らナイト」にあの「女性の品格」の著者、坂東真理子さんが出ていた。そこで彼女が思う「品格のある人」とはどういう人かを語っていた。

曰く、「芯に、人の為に何か役に立ちたい、と思う心がある人」みたいなことをおっしゃっていた。確かにこの心があれば、モンスターマザーもモンスターペアレンツも存在しないだろう。
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

links

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 4月15日「陽だまりの樹」
    まめごろう (06/28)
  • 4月18日
    まめごろう (04/21)
  • 4月18日
    aki1028 (04/20)
  • 1月18日YEBISUふたり亭VOL.2ご報告と                                明日1月22日はアンニュアージュスクール第6回
    尾崎喜三子 (01/22)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    まあくまさこ (01/06)
  • 12月11日ー恵比寿アンニュアージュスクール第5回 講師姜尚中先生ご報告
    尾崎 (12/31)
  • パリっ子も「ノン!」と叫んだヴェルサイユと村上隆さんコラボ
    村石太マン (10/16)
  • 8月23日 恵比寿アンニュアージュスクールご報告
    さっちゃん。 (09/23)
  • 感動!日光「四代目徳次郎」の天然かき氷〜VOL2
    jinn (08/24)
  • 「やっぱりなぁ」と「それにしても」の7月11日参議院選挙〜7月13日
    (07/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM